\ ポイント最大11倍! /

WFX-102TとWFX-101の違いを比較!オススメはどちら?

WFX-102TとWFX-101の違いを比較!オススメはどちら?

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の違いを徹底比較してみました!

オススメなのはどちらの機種になるのでしょうか?

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101で主に違うのは、以下5つです。

  • タイマーの有無
  • 重さ
  • コードの長さ
  • カラー
  • 価格

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の最大の違いは、タイマーの有無になります。

タイマー機能が搭載されているWFX-102Tの方が、焼き芋を焦がしてしまったりせず安心して使う事の出来る機種となっていますよ。

タイマーが搭載されている分WFX-102Tは、重さとコードは重く長くなってしまい価格も高くなっています。

しかしタイマーがある事でより使いやすくなっているWFX-102Tの方がオススメであると言えますよ♪

価格を重視している方はWFX-101の方がいいですね◎

その他にも本文では焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の共通点などを詳しくまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね~◎

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102T口コミレビュー!使い方も解説

あわせて読みたい
ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102T口コミレビュー!使い方も解説 ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102Tの気になる口コミレビューを調べてみました! また使い方も詳しく解説していますよ~♪ ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102Tの口コミはま...

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

WFX-102TとWFX-101の違いを比較

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101で主に違うのは、以下5つです。

  • タイマーの有無
  • 重さ
  • コードの長さ
  • カラー
  • 価格

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101は、2022年9月下旬に2機種共にリニューアル&カラーチェンジして販売しますのでどちらも新モデルとなるようですよ!

展開しているカラーや重さが違っているのですが、本体のデザインや使い方、仕様なんかは同じとなります。

そして焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101で1番大きく違う点は、タイマーが付いているかいないかになります。

焼き芋メーカーWFX-102Tには、最大60分のタイマー機能が搭載されていますので自分で時間を計る手間が必要ありません。

やなこ
うっかり時間を忘れてしまって焼き芋を焦がしてしまう心配がないのはWFX-102Tの方になりますよ。

価格も若干違いますが約1000円前後の違いとなるため、タイマー機能が付いたWFX-102Tの方が使い勝手がいいと言えます♪

次から焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の詳しい違いについてご紹介していきますね!

違い①タイマーの有無

1つ目の違いはタイマーの有無です。

焼き芋メーカーWFX-102Tにはタイマー機能が搭載されていて、焼き芋メーカーWFX-101にはタイマー機能が搭載されていませんね。

どちらの機種も焼き芋プレートにサツマイモをセットして、約40分待つだけと使い方は同じです。

しかしWFX-102Tにはタイマー機能が搭載されていますので、焼きすぎてしまったりする心配もなく安心・安全に使用することが出来ますよ~♪

焼き芋メーカーWFX-102Tに搭載されているタイマーは、最長60分のタイマーとなっています。

引用元:https://e-doshisha.com/

タイマーがなくても自分で時間を計れる!キッチンタイマーを使うから問題ない!という方は、WFX-101でも十分◎

より使いやすい方がいい!タイマーで安心して使いたい!そんな方にはタイマー搭載のWFX-102Tの方がいいですね♪

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

違い②重さ

2つ目の違いは重さの違いです。

焼き芋メーカーWFX-102Tの方が重くなっていて、焼き芋メーカーWFX-101の方が若干軽くなっていますね!

では両者の重さを表にして比較してみましょう。

WFX-102TWFX-101
重さ焼き芋プレート使用時 約2.8kg
平面プレート使用時 約3.0kg
収納時 約3.7kg(本体+プレート2種)
焼き芋プレート使用時 約2.6kg
平面プレート使用時 約2.8kg
収納時 約3.5kg(本体+プレート2種)

焼き芋メーカーWFX-102TもWFX-101もサイズは同じなんです!

  • 収納時 幅35cm×奥行25cm×高さ15cm

しかし重さには違いがあるんですよ~!

WFX-102Tにはタイマーが付いているためその分少しだけ重いのかも知れませんね。

引用元:https://e-doshisha.com/

違い③コードの長さ

3つ目の違いはコードの長さの違いです。

焼き芋メーカーWFX-102Tの方がコードが長くなっていて、焼き芋メーカーWFX-101の方がコードが短くなっています。

では両者のコードの長さを表にして比較してみましょう。

WFX-102TWFX-101
コードの長さ(約)1.4m(タイマーから電源プラグまで)1.0m

約0.4mほどの違いがあるんですね~!

収納の時などに少しでもコードを扱いやすくしまいやすくしたいのなら、WFX-101の方がいいでしょう◎

違い④カラー

4つ目の違いはカラーの違いです。

焼き芋メーカーWFX-102Tはダークグレーのようなブラックで、焼き芋メーカーWFX-101はブラウンのような色をしていますね。

カラーの正式な表記がないため表現の仕方に個人差が出そうですが、どちらもマットな質感となっていてオシャレな見た目をしていますよ♪

引用元:https://e-doshisha.com/

お部屋のインテリアに合わせて選んでもいいですし、お好きなカラーの方を選ぶのもいいですね!

やなこ
どちらのカラーも落ち着いた色味で使いやすそうだわ!

違い⑤価格

5つ目の違いは価格の違いです。

焼き芋メーカーWFX-102Tの方が高くなっていて、焼き芋メーカーWFX-101の方が少しだけ安くなっていますね。

では両者の価格の違いを表にして比較してみましょう!

WFX-102TWFX-101
価格11880円~10978円~

販売店舗によって多少の価格の違いはあるものの、タイマー機能が搭載されている分WFX-102Tの方が若干お値段が高くなっていますね~♪

とはいえそれほどの価格差はなく約1000円前後の値段の違いとなりますので、タイマーが必要かどうかや重さ・色の好みなどでどちらのモデルにするかを検討するといいでしょう。

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WFX-102TとWFX-101の違い比較表

では焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の違いを表にして比較してみましょう!

WFX-102TWFX-101
電源AC100V 50-60HzAC100V 50-60Hz
消費電力1000W1000W
タイマー最大60分なし
外形寸法(約)収納時:幅35×奥行25×高さ15cm収納時:幅35×奥行25×高さ15cm
コード長さ1.4m(タイマーから電源プラグまで)1.0m
質量焼き芋プレート使用時 約2.8kg
平面プレート使用時 約3.0kg
収納時 約3.7kg(本体+プレート2種)
焼き芋プレート使用時 約2.6kg
平面プレート使用時 約2.8kg
収納時 約3.5kg(本体+プレート2種)
価格11880円~10978円~
付属品焼き芋プレート×2
平面プレート×2
オリジナルレシピ×1
取扱説明書・保証書×1
焼き芋プレート×2
平面プレート×2
オリジナルレシピ×1
取扱説明書・保証書×1

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101は付属されているプレートは同じですので、1度に焼ける焼き芋は2本になります。

またタイマー機能以外の基本的な機能性だったり使い方なんかは両者とも同じになりますよ~◎

ただWFX-102Tにはタイマー機能が新たに追加されていますので、自分で時間を計ったりする手間が省けます。

やなこ
つい忘れてしまって焼き芋が焦げちゃった。。なんて心配も防げますね~!

しかしタイマー機能が追加された分、WFX-102Tの方が重さが重かったり価格が高かったりしますよ。

やなこ
タイマーが付いているWFX-102Tなら電源を押したらあとはほったらかしでOKなので断然便利だね~♪

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WFX-102TとWFX-101の値段の違いを比較

では焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の価格の違いを表にして比較してみましょう!

WFX-102TWFX-101
価格11880円~10978円~

販売店舗によって多少の価格の違いはあるものの、タイマー機能が搭載されているWFX-102Tの方が若干お値段が高くなっていますよ~♪

タイマー機能が搭載されていれば、わざわざ自分で時間を確認する必要がないのでとても楽に焼き芋を作る事が出来ます。

やなこ
焼き芋を作っている事をすっかり忘れて芋が焦げてしまったり危険も回避できるのはタイマー機能が搭載されているWFX-102Tだな!

約1000円前後の差しかないのであれば、安心して使う事の出来るタイマー付きのWFX-102Tの方がいいかも知れませんね♪

しかし重視する点が価格や重さになる方は、WFX-101の方が断然オススメ!

やなこ
タイマーは付いていなくてもいい!自分でキッチンタイマーをセットしたりすれば全く問題なく使える!という方は低価格のWFX-101が良いでしょう◎

価格は常に変動するので、最新の価格が見たい方は以下各ショップのリンク先をご確認くださいね!

▼WFX-102T【2022年モデル】▼

→楽天市場で見てみる

→amazonで見てみる

→Yahoo!ショッピングで見る

▼WFX-101【2022年モデル】▼

→楽天市場で見てみる

→amazonで見てみる

→Yahoo!ショッピングで見る

WFX-102TとWFX-101はどっちがオススメ?

ここまで、焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の違いについてご紹介してきました。

じゃあ、それぞれの商品はどんなタイプの人にオススメなのか?

次から「こんな人にはこっちがオススメ!」というのを、商品の特徴別にご紹介していきますね♪

WFX-102Tはこんな人におすすめ

焼き芋メーカーWFX-102Tは、

  • タイマー機能が欲しい方
  • 本体の重さはあまり気にしない方
  • 価格が高くてもより機能性がいい焼き芋メーカーが欲しい方

こんな人にWFX-102Tが向いていますよ♪

焼き芋メーカーWFX-102Tはタイマー機能を搭載していますので、わざわざ自分で時間を計る手間が必要ありません。

またタイマー機能のおかげで焼きすぎてしまったりサツマイモを焦がしてしまう心配もないため、より安心安全に使用することが出来ます!

タイマー機能が搭載されている分、重さやコードの長さが出てしまいますが気にしない方であれば全く問題なく使用出来るでしょう。

価格に関してもWFX-101よりは高くなりますが、タイマーが使える点は焼き芋メーカーWFX-102Tの最大の強みであると言えます◎

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WFX-101はこんな人におすすめ

焼き芋メーカーWFX-101は、

  • タイマー機能は必要ないと思う方
  • 少しでも軽い方がいい方
  • 少しでも価格が安い方がいい方

こんな人にWFX-101が向いていますよ♪

焼き芋メーカーWFX-101には、タイマー機能は搭載されていません。

その分少しだけ軽かったり価格も安くなっていますよ!

タイマー機能に関しては付いていた方が安心だと思う方もいる反面、自分でキッチンタイマーをセットする方法もあるため好みが分かれそうですね。

持ち運ぶ際に少しでも軽い方がいい方や価格を重視する方は、焼き芋メーカーWFX-101がオススメであると言えます◎

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WFX-102TとWFX-101の共通点

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101には5つの違いがありましたね。

次に両モデルに共通している機能もお伝えします。

  • 使い方が簡単な事
  • 2種類のプレートは着脱可能な事
  • まんべんなく熱を加えて甘い焼き芋が作れる事
  • 立てて収納できる事
  • さつまいもアンバサダー協会監修レシピが付属している事

焼き芋メーカーWFX-102TもWFX-101も使い方はとても簡単で、タイマー機能以外の機能面や使い方は同じとなっています。

焼き芋を作る手順は

  • プレートにサツマイモをセット(最大2本まで)(※WFX-102Tはサツマイモをセットした後にタイマーをセットする)
  • 約40分待つ

たったこれだけでOK♪♪

引用元:https://e-doshisha.com/

またプレートは備長炭入りとなり、

  • 焼き芋プレート
  • 平面プレート

の2種類が付属されています。

やなこ
平面プレートでは食パンが2枚同時に焼けるので、とっても便利◎

2種プレートは着脱式となっていますので、丸洗いすることも出来てとても衛生的です。(※本体は洗えません)

引用元:https://e-doshisha.com/

更には焼き芋を甘く美味しく焼くために、上下にヒーターが付いていてまんべんなく熱を加えることの出来る構造となっていますよ~。

引用元:https://e-doshisha.com/

その他にも収納は立てて出来る事や、さつまいもアンバサダー協会監修レシピが付属している点も両者に共通していますよ!

引用元:https://e-doshisha.com/

最安値をチェックしてみる/ 

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WFX-102TとWFX-101の違いを比較まとめ

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の違いを徹底して比較していきました。

最後に、両モデルの違いをもう一度比較表にまとめますね。

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101で主に違うのは、以下5つです。

  • タイマーの有無
  • 重さ
  • コードの長さ
  • カラー
  • 価格

焼き芋メーカーWFX-102TとWFX-101の最大の違いは、WFX-102Tにはタイマー機能が付いていてWFX-101には付いていない事です。

タイマー機能が付いているWFX-102Tの方が重さが重く価格も高くなっているものの、それほどの大きな差はありません。

むしろ安全に安心してサツマイモを焦がしてしまう心配のないWFX-102Tは、大変オススメであると言えますよ~◎

反対に何よりも価格を重視する方はWFX-101がいいですね!

寒い季節に食べたくなる焼き芋を自宅で手軽に美味しく作る事の出来る焼き芋メーカーは、焼き芋以外のレシピも作る事が出来ますので便利でとても重宝しそうです◎

自分の好きな時に好きなだけ焼き芋を楽しめる焼き芋メーカーで、ぜひお家時間を楽しんで下さいね~☆

▼タイマー機能が搭載されている焼き芋メーカーならWFX-102T

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102T口コミレビュー!使い方も解説

あわせて読みたい
ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102T口コミレビュー!使い方も解説 ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102Tの気になる口コミレビューを調べてみました! また使い方も詳しく解説していますよ~♪ ドウシシャ焼き芋メーカーWFX-102Tの口コミはま...

▼タイマー機能が搭載されていない焼き芋メーカーならWFX-101

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\Yahooポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次